ソース・ワークショップ概要 お問合せ

ソース・ワークショップ (担当ソーストレーナー 安藤理) お申込案内

●2017年 開催日程と空席状況 10月30日 16:02更新 

変動がありしだい更新しますが、タイミングにより更新前に満席になる場合があります。予めご了承下さい。

発見編(ベーシック) 各回定員4名
2月25,26日(土,日)終了しました
4月 8, 9日(土,日)終了しました
6月24,25日(土,日)終了しました
10月28,29日(土,日)終了しました

活用編(アドバンス) 各回定員4名  
3月25,26日(土,日)終了しました
7月 1, 2日(土,日)終了しました
9月17,18日(日,月/休)終了しました

 ※活用編の受講条件:ソース・ワークショップ発見編(ベーシック)修了
 ※活用編内容 ご案内ページ

次回の発見編・活用編の日程は未定です。
受講希望の方は下記アドレス宛にお問い合わせ下さい。
ご都合を考慮に入れて日程(土日)を検討します。source@andoo.info 


*** 以下の項目は発見編・活用編 共通です ***

●開催者氏名・会場 
安藤理 山梨県北杜市小淵沢町 

●当日のスケジュール 

1日目13:05  JR中央本線 小淵沢(こぶちざわ)駅 改札口集合(改札は1つ)
昼食は集合前にお済ませください
2日目17:45頃 小淵沢駅前 解散

1日目は夕食をはさんで午後9時頃までプログラムを実施します。
2日目は午前9時開始、昼食をはさんで午後5時30分頃に終了します。

●交通:JR中央本線で来られる方は、小淵沢駅・会場・食事処・宿の間を送迎します。

集合・解散時刻に近い列車

<東京方面から> 
1日目:あずさ13号 新宿 11:00 − 小淵沢 12:59(立川,八王子,甲府に停車)
2日目:あずさ30号 小淵沢 18:05 - 新宿 20:07(立川,八王子,甲府,千葉に停車)

<名古屋・関西・長野方面から>
1日目:しなの7号 名古屋10:00-塩尻11:54 あずさ16号 塩尻12:08-小淵沢12:45
2日目:普通 小淵沢18:12-塩尻19:12 しなの24号 塩尻19:19-名古屋21:19

○当日の交通時刻と料金は右記サイトでご確認ください。 http://jikoku.toretabi.jp/
○週末は混雑が予想されます。往復とも早めの座席指定をお勧めします。
○特急の車両は1〜2号車が小淵沢駅の出口に最も近いです。
○2014年4月から小淵沢駅改札で Suica が使えるようになりました。

 で来られる方には、小淵沢IC-駅-会場の地図を添付ファイルで送信します。

 車で来られる方も、上記のとおり小淵沢駅に集合してください。
 集合時刻に遅れた場合のみ、会場に直接いらしてください。
 (中央道・小淵沢ICから小淵沢駅まで車で約3分。会場まで約10分)
 冬季は積雪・凍結の可能性があります。冬タイヤ装備かチェーンをご用意ください。


●宿泊:ペンション時計館(ワークショップ会場から車で約4分)

※小淵沢付近に在住の方は宿泊なしの参加も可能です。

・こちらでまとめて宿泊予約し、当日送迎します。

・原則としてワークショップ受講者の方2〜3名1室(男女別)となります。
・個室宿泊(ツインルームのシングルユース)ご希望の場合、追加料金2160円となります。
ペンション混雑期(4月29日〜5月8日,7月後半から8月末)は個室宿泊指定できません。
・ご夫婦等で2名一緒に参加の場合は1室を確保いたします。(追加料金はありません)

・タオル、パジャマ、歯ブラシ、髭剃り等はご持参ください。
  お風呂にはシャンプー、リンス、石鹸は備え付けてあります。

・宿泊室は全て禁煙です。(喫煙コーナーはあります)
・館内は無線LANに接続できます。

※前日から、または翌日にかけて、小淵沢で宿泊される場合は、下記より周辺の宿をお探しください。
http://kobuchisawa.com/tomaru.html


●服装:普段着でご参加ください。
会場と宿は標高約800mにあり、気温は関東平野部より5度くらい低いです。
会場と宿の室内は暖房が入り暖かいですが、外出時用に暖かい服装を
ご用意ください。厚手の靴下のご用意もお勧めします。
12-3月は降雪の可能性があります。濡れても大丈夫な靴をお勧めします。

●お願い:当会場では新鮮な空気や自然の香りを大切にしておりますので
 禁煙および香水・コロン等の不使用にご協力をお願いいたします。
(室外での喫煙はできます)

●会場:八ヶ岳(やつがたけ)南麓ログハウス(山梨県小淵沢町 講師宅)
●講師:ソース公認トレーナー 安藤 理(あんどう おさむ)
●人数:2〜4名

●料金:おひとり(発見編・活用編は同額です)
 2014年4月 1日より 税抜受講料 40,000円+税抜宿泊料 6,000円 税込合計49,680円

 シングル(ひとり部屋)ご希望の場合の追加料金は 税込2,160円となります。
 夕食・昼食代は別途(2回の食事代合計 約2,000円) レストラン等での外食となります。

 再受講料 税抜36,000円(税込38,880円)
 前回を他トレーナーから受講された場合も再受講になります。
 再受講の場合は、申込フォームの連絡欄に「前回は 〜トレーナーから受講」とご記入ください。

 活用編の場合は、申込フォームの連絡欄に「発見編は 〜トレーナーから受講」とご記入ください。


●お申込:
 スマートフォン用お申込フォーム(SSL対応)

 PC用お申込フォーム(SSL対応) 別ウィンドウが開かない場合は  こちら
 (SSLフォームは個人情報保護のため暗号化通信を使用しています)

※別ウィンドウでフォームを表示するためにブラウザの設定はJavaScriptをONにしてください。
※上記フォームが表示されない場合はお申込フォーム(SSLなし)をお試し下さい。
 別ウィンドウが開かない場合はこちらをお試し下さい。

フォームで申込したのに当方からのメールが届かない方へ

※表示されない場合や、携帯メールの場合は、下記メールアドレス宛にお申込みください。
 お申込・お問合せsource@andoo.info 

○フォームメールまたはメールの受信順に受付いたします。

○満席になった日程のキャンセル待ちを受付けますが、キャンセルが出る確率は低いので
 空席がある日程でもお申込なさることをお勧めします。
 キャンセルが出た場合は、キャンセル待ち希望日程に繰り上げ参加いただけます。
 (この場合は変更料はかかりません)

○メールでお申込みの際は、下記項目をお知らせください。
・氏名
・ふりがな
・性別
・年齢
・住所
・電話番号
・参加ご希望の日程
・交通手段(JRまたは車)
・到着予定日時
・振込口座(三井住友銀行または郵便局:どちらかをお選びください
  お申込みの方に振込口座をお知らせいたします。
・振込予定日(原則としてご予約後1週間以内にお振込ください)
・どこから当方のワークショップのことを知ったか
(例:ヴォイスのサイト、ヴォイス郵送資料、
   他サイトからのリンクの場合、サイト名等)

※お知らせいただく個人情報はワークショップ申込受付と案内送信のためにのみ使用します。
    それ以外の目的に流用することはございません。

●お振込、キャンセル、日程変更について
・振込にてお申込が確定します。
 原則としてご予約から一週間以内にお振込ください。無理な場合はご相談ください。
・振込手数料はご負担ください
・お振込後のキャンセルは、宿泊料金分を差し引いてのご返金となります。
・振込後も日程変更(延期)は可能ですが、キャンセル待ちの方の繰り上げ参加がない場合
 上記キャンセル料がかかります。


●持ち物:ソースの本、筆記用具、ノート(B5サイズ以上)、赤ペンかマーカー 書籍「ソース」ご案内
 活用編の場合:上記に加えて、ベーシックで作成した「ワクワクの地図」「ソースの車輪」

●準備:ワークショップ迄にソースの本を読んでおいてください。
またp41-42の「人生のアンバランス度テスト」を行っておいてください。
(ソース自宅学習キットはなくても大丈夫です)  書籍「ソース」ご案内

●ワークショップお申込の方の特典:(当サイトでお申込の場合のみ)
 ソース自宅学習キット(定価20,790円)を税込19,800円(税,送料込)でご購入いただけます。
 ※2009年11月2日発売の改訂版価格に変更しました。
 ワークショップ受講条件ではありませんが、予習または復習用に活用できます。
 ワークショップ受講後のご購入も可能です

※「ワークショップとキット、どちらを先にするのがいいのか」という質問を時々いただきます。ワークショップだけでも期待する効果は十分得られます。ワクワク体験の思い出しや書き出しは、ひとりでワークブックの説明を読んで考えて書き出すより、ワークショップで受講者同志で話し合いをしながら行なうほうが、はるかに多様で深い内容が出てきやすいからです。キットも購入されるならワークショップ後の復習用として活用することをお勧めします。ただ、キット予習についても以下のようなメリットがあります:

・予習しておくことでワークショップ時に話す話題がある程度準備できる
・予習時に出てきた質問、疑問点をワークショップ時に確認できる
・キット自習では得られくいワークショップの効果をより実感できる

これらを望まれるのであれば、キット予習の価値はあるといえます。
なお、ワークショップ前の予習は、6章までに留めておくのが最適と考えています。