andoo.infoトップ  セドナメソッドご案内ページ

セドナメソッド個人セッションを受講された方々の体験記

セドナメソッド体験会のご感想はこちらのページからリンクしています

鈴木麻代さん 基本1〜4,応用1,2,3とフォローセッションをSkypeで受講 2013.3.15更新
セドナメソッドのおかげで充実してすごせております。
安藤さんとのセッションを体験したあと、まもなく望みが実現されはじめ、
数回続くうちに、これは本当に実現されるという確信となりました。

冬のツルツル路面で毎年、1回以上怪我をして整骨院に通うことになるので、
今年の冬は散歩で歩くのもどうしようかなぁと思っていました。
ここをセドナメソッドで解放してみたところ、冬でも散歩を楽しめて活動が広がりました。
毎日のように、外を歩きに出ても、滑って転ぶことは1回もありませんでした。

外に活動が広がって仕事につながる話しもくるようになって、春からが楽しみです。
まずはセドナメソッドをしてみよう、結果を焦らず、
セドナメソッドをしたというだけで十分!という感じでやっていました。
不思議なくらい、その後、そういえば変化していたということに気づきます。

本当に助かっています。ありがとうございます。
---------------------------------------------------------------------------------
鈴木麻代さんのブログでもセドナメソッドについて記事を書かれています。

○旧ブログ掲載記事
セドナメソッドについて伝えてみました
チャンス&チャレンジ
人間関係と穏やかな解放感
セドナメソッド体験記ー前のめりな仏さまー
意識は世界へ
小説とセドナメソッド
ある。
解放解放
あり方
動じない。
夫婦

自信
セドナメソッド〜性質〜
腕相撲が握手に
「不完全な自分」は幻想
体の声を聴く
ヘルペスとセドナメソッド
親子関係を解放すると見えて来たやりたいこと
自分にしかできないこと
セドナメソッド札幌体験会〜開花の季節〜
○新ブログ掲載記事
屋号決めにセドナメソッド
夢を応援してネ!!

川添香さん 基本1〜4,応用1,2,3をSkypeで受講 2013.8.6更新

川添香さんのブログにセッション体験記を掲載していただきました。
潜在意識の力
どうしようもない行き詰まり感を解放する〜セドナメソッド個人セッションの備忘録

川添さん・浅沼さんが主催してくださっているセドナメソッド体験会ページはこちら

Kさん 基本1を電話で受講 2012.4.25掲載
安藤さんの個人セッションを受けさせていただきまして、セドナメソッドへの理解
がとても深まりました。
本を読みながら行っていた時は、どうしても「これで良いのだろうか?」という不安
(恐れ)がどこかにあったように思います。
安藤さんのご説明でセドナメソッドの理論を納得をした上で、実際に誘導をして
いただきながら解放を体感できたことで確信がもてました。
本当にありがとうございました。

ずっと自分の感情に対峙してきて、「こんな感情は自分の中からなくしたい」とも
がけばもがくほど、しこりのように固くなって胸や背中に痛みを感じていました。
感情は自分の敵のように対峙するものではなく、認めて受け入れ、解放すれば
良いことを体験できてとても楽になり、体の痛みも和らいできました。

私が切望していたものは、自分にとって理想の環境や理想の人、理想の物を
探し求めることではなく、今、目の前に存在する環境や人、物や出来事をただ
あるがままに受け入れ、今にくつろぎ心の平安を保つことで得られるのだとい
うことに気づきました。
私が探し求めていたものは、私の心の中という最も近いところにあったことに
気づき、昨日の受講後、安堵の涙がでました。

今日もセドナメソッドと共にありました。
仕事をしていても外を歩いていても目に映るものが新しく見えます。
「自分が自分でいていいんだよ」と周囲の物や自然の樹々などが
言ってくれているように感じます。

安藤さんのおかげで日本でセドナメソッドを受講できますことに心より感謝を
しております。

2009年に基本編と応用編を電話セッションで受講された稲田タカコさんが
「ミュウの元気になるブログ!」セドナメソッド体験記を書いてくださいました。

2008年秋から電話セッションを受講された高下義弘さんが、
詳細な体験記を書いて下さいました。長文のため別ページに掲載します。

高下さん体験記の目次:
■「感情は自分そのものではない」を体感
■手放せると知ったために感情を感じられるようになった
■なぜか「理由」が見えてくる
■「物事に対する相反する思い」を発見
■瞑想中の雑念にセドナメソッドを適用すると面白い

高下さん体験記の本文はこちら

2009年秋から電話セッションを受講されたTさんが
詳細な体験記を書いて下さいました。長文のため別ページに掲載します。

Tさんの体験記のトピック:
・「自分が正しい」という気持ちを手放すと
・この1カ月の私の職場は、信じられないくらい平和になりました
・以前の私は、一日中他人と一緒にいる、ということは非常に苦痛でした
・息子を説教したい気持ちを解放し続けました。すると…
・最近は、自分が欲しい情報が自動的に入ってくる気がします
・これまでスポーツは嫌いでしたが、解放すると楽しく過ごせました
・ある物を見た時、嫌な気分になることに気がつきました。そこで…
・泥沼にはまると、もがいて、ますます泥沼から抜け出せない気分になりますが…
・解放していくうちに、なぜそう感じていたのか、気づきがあるのです
・若いころの私は、いつもムスッとしていました。今の私は…
・解放というのは、…のように進むのかと思っていましたが、私の場合…
・嫌なことがあって、逃げたくなったとき…
・セドナメソッドを止めようかと悩んだときがありましたが、今は…
・セドナメソッドは、気軽にいつでもどこでもできるので続けられたと思います
・真実に一歩一歩、近づいている気がします

Tさん体験記の本文はこちら

Oさん 女性 基本1を電話で受講 2007.12.28掲載
初めてセドナメソッドの説明を受けたときは、本当に目からうろこが落ちました。
私にとって感情は、自分ではどうにもならない魔物のような存在でした。
しかし、ペンと同じように自分が感情を握り締めている、
そしてペンから手を放すのと同じように手放すことができる、
という説明に驚くとともに、それなら自分にもできそうだと思いました。

実際電話でのセッションを受けてみて、手放そうと思ったときに、
不思議とその感情を手放した後の、幸せそうな自分がイメージできました。
また、安藤さんの優しい人柄に安心してセッションを受けることができました。

自分ひとりでもいつでもできること、そして自分の今持っている感情が、
何に対してどうわいてきたのかがわからなくても手放すことができる
というところがとてもよかったです。

たぶん私は何かのきっかけで、昔から引きずっていた感情が
魔物のように現れて爆発したりしていたのだと思います。
過去の感情などがわいていきたときにも、
手放すことができるということに大変救われました。

セドナメソッドを受けてから、感情をその都度手放すことを意識した結果、
特に身近な人との関係が本当によくなりました。
最近は人に対しておおらかに、優しくなれたように思います、
本当にありがとうございました、とても感謝しています。

Oさん 女性 基本1を電話で受講 2007.10.5掲載

感情の解放というのはなかなか普通に生きていると思いつかないことでした。
つらいとか、不安とかネガティブな感情の処理に困れば
私にできることは、感情にフタをすることか考えに考えを重ねることだけでした。

でもセドナメソッド感情の解放を知って
『感情を感じてみてそれを解放する』ということを体験することができました。
新しい方法でネガティブな感情をどう処理していいかがわかったのです。

ネガティブな感情を解放するのとフタをするのでは本当に全然違います。
フタをすればするほどその想いは大きくなるのに対して
解放することは、確実にそれを考える時間が減るのを感じました。

またネガティブな想いが起こってもそれを歓迎することができるし
それを学びにも変えやすいと思いました。

考えすぎにストップをかけると何より得られることは行動への足の軽さでした。
自分のワクワクすることを進めるうえでセドナメソッドと仲良くなれて嬉しいです。
ありがとうございました。

Tさん 女性 基本1〜3を電話で受講 2009.12.17掲載
セッションを始めて2か月でしょうか?
周囲から見たらあまり変わってないかもしれませんね
でも、自分の中では大きな変革をしています
私にたくさんくっついていた、無駄なものを、少しずつそぎ落としているような感じ

「生きるのが楽になってきた」と感じています
子供のころから、生きるのがとても苦痛だと感じていました
早く人生が終わってくれることを、子供のころから望んでいたのです

それでも、3年前に瞑想を始めてからは、
すごい勢いでストレスが発散でき(その反応に瞑想の先生も驚いていました)
最大の悩みである「人間関係」が良くなってきて、
体調も良くなり、文字通り、人生が変わった感じがしていました

しかし、まだ、「何かがとれない」というか
「完全に自由」になれない感覚が抜けなかったのです
泥の中から足が抜けない、という感覚
何かに縛られている感覚
何かにまとわりつかれている感覚
それが瞑想をしても、何もやってもとれませんでした

瞑想だけでは自由になれない。と感じているところに出会ったのが、セドナメソッドです
安藤さんのセッションを受け始めてから、
その感覚が徐々に抜け始めています
本当に徐々にですが、泥沼から足が抜け始めています
セドナメソッドをやり始めて、「泥沼」は自分が作ったものだと分かりました
縛っているのも、まとわりついているものも、自分が作ったのだと分かりました

幸福感というのは、外部から来るのではなく
内側から来るものなのですね

セドナを続けているうちに、仕事の能力が上がってきました
人間関係も良くなり、大好きな映画がますます楽しくなりました

とてもうれしいです!!
ありがとうございます!!

セドナメソッドにあえて、安藤さんのセッションを受けて、本当に本当に良かったです
「よかった」というレベルではないんですよ!!表現ができないほど嬉しいです

やっと本物に出会えた、と思います
セドナメソッドは私が望んでいた以上のものでした

今後のセッションもとても楽しみです♪

Sさん 女性 基本1〜4を電話で受講 2008.10.1掲載

セドナメソッドを知ったのは桃源郷のように花こぼれる季節に訪れた小淵沢で、本を紹介されたのに始まります。 ソースで自分を見つめなおした直後に本書を読み、簡単そうな方法で取り入れたらより自分の夢に近づけそう、と セッションを受講をしました。

すべての感情は欲求からきていると認識し手放すことにより、自分を取り戻せることを日々実践しながら体得していけました。セドナメソッドを行うことで自らが解放されて『自由』に飛べる様になる感じです。

過去の悲しみを憂うことも将来を不安に案ずることも手放すことによって『今』を楽しめるようになりました。また周りに翻弄されることなく自分の内面をみつめることができ、ありのままでいられます。目標達成に関しても仕事から趣味のスキルまで単なるめんどう、からプレッシャーやあせりまで手放して、あきらめかけていた自分を開放し向上していってます。私にとって1番の収穫は自分を受け入れ愛せるようになったことだと思います。目標に掲げ障害となる感情を解放していくと心に平安を感じ自分を取り戻すことができそのままの自分を愛せるようになりました。

セドナメソッドの最大のメリットは自らが貸す制限を解き、無限の可能性を手に入れることだと思います。セドナメソッド使用者としてはまだまだ未熟ですがもっと上達していきたいです。そして本書の最後にもあるようにより多くの人が使えるようになれば『愛』という魔法を世界にかけられそう、、、 いつも穏やかな口調でセッションをし御指導してくださった安藤さんに感謝を申し上げます。

Iさん 女性 基本編と応用編を電話で受講 2009.6.28掲載

≪基本編≫
セドナメソッドを受けることで、私が持ち続けていた人間関係における悩みが一掃したのです。 まさに、一掃という言葉がピッタリです。

セドナメソッドがどんなものなのか?本を読んでみて、先ず、感動でした。
とてもわかりやすく翻訳されているため、自分で試すだけでも解放が進むのを感じられ、
この手軽さもセドナメソッドのすごさであり、安藤さんの素晴らしさなんでしょうね。

セッションを受けると、私の想像を超えるセドナの本当の効果がすぐにでてきました。

今までのがんばらなければ・・・を完全に手放す先に、本当に欲しい人間関係、自己表現、経済的成功などが あるのだということをあらためて教えていただきました。頑張りすぎて、力みが多くて、その場に適した行動が できなかったり、違和感が生まれたりする、わかっているけど、でもできない!この矛盾を今までどうしても 手放せなかったのですが、気がつくと、上手くコミュニケーションができるようになっていて、不思議に あらゆる場所で楽しくコミュニケーションできるようになっていったのです。上手なコミュニケーションとは、 テクニックではなく、自分らしさなんですよね。

なんと、このセッションを終える頃には、自分が一番求められ、自分らしさを認めてもらえ、必要とされている ところがどこなのかがわかるようになり、自然に、その場にいるということがどんどん増えていったのです。 セッションの前は自分以外のものに、なろうとしているので間違った方向でアピールしていたのですね。 今は、自分が選ぶというより、流れそのものが私を必要としてくれる場所へ運んでくれるという感じです。

電話セッションでは、解放セッションを終えた時点で随分と心が軽くなっているのを感じました。 セドナの解放に上手くやらなければ・・・というレッスンは全くありません。安藤さんのやさしい声に リードしていただき、ただ感じることを、今抱えている重苦しさなどをどんどんと、手放していくのです。 本当に楽しいレッスンでした。お勧めですよ。

基本編を終える頃には日々の中の感情がかなり整理されてきて、まさに生きることが楽しくなってきました。 これほど、確実にワーク後からすぐに変化がわかるなんて!!感動、感動です☆☆

まさに人生を変えるセッションとの出会いでした。本当に心から満足いく人生を過ごしたいと思われる方には ぜひ、安藤さんのセドナセッションをお勧めいたします。

≪応用編≫

応用編が始まる頃には、気付きや解放もレベルアップし現実での変化が大きくなってきました。

私の場合、このセッション受講時期が、日本も世界的不況に見舞われ、不安な経済状態だというのに、 このセドナメソッドのおかげで自分のライフワークを進めていくために必要な、自分を肯定する力、 勇気やコミュニケーション力を育ててもらいました。

『魚を与えず、つり方を教える』という昔の言葉がありますが、まさにつり方、自分の中に在るアイデアや 才能を以前よりスムーズに使えるようになってきていると、実感できます。

自分の仕事を拡大したり、今までのやり方を越えていくときには、随分と戸惑いがうまれますよね。 私自身は、企業に勤めているのではなく、ライフワークと思える仕事で起業していますので、本当に 自分を肯定することが、仕事と直結しています。

応用編でさらに解放を進めることで、新しいチャンスが生まれてきているのを実感しています。 半年前なら、これでいいのだろうか?と何度も疑問や不安が沸いてきて、空回りしていたことも 今は、楽しみながら成長させてもらっていると、気楽に受け止めることができ、だからこそ、 新しいチャレンジを怖れず、前に進めています。

ポジティブな考え方へと自然に変化していくのがセドナの良さなので、定期的に継続して受講できて 本当に感謝しています。この電話システムも私にはピッタリでした。

結果がはっきりとわかるのが、セドナメソッドの素晴らしさです。人生を変えることの出来る このセドナメソッドに出会えたことは、私にとって本当にすごい出会いでした。 安藤さんの監修されたこの本があり、セッションがありと、日本でじっくりとセッションを受ける ことができたことに心から感謝しています。本当にありがとうございました。

Oさん 女性 基本編と応用編を電話で受講 2009.1.30掲載

≪基本編≫
近所の書店で「人生を変える一番シンプルな本」を何気なく手に取ったことが、セドナメソッドとの出会いのきっかけでした。最後の章「世界を支援する」から読み始め、自分が解放することが世界に貢献することに繋がることを知り、その時セドナメソッドを全て学ぼうと思いました。

初回のセッションを受講後、その効果の大きさにとても驚きました。身体が宙に浮くような感覚や、「一生自分の役に立つスキルを手に入れた」という喜び、そして「この先何があっても大丈夫」という安心感で満たされていました。

そのような衝撃的な初回セッション後、変化は静かにしかも確実に現れ続けました。セッションが進んで行く内に、自分でも気付いていなかった「思い込み」が次々と浮かび上がって来ました。そしてそのことが自分の行動に制限をかけていたことを知りました。

解放後は気持ちが軽くなったり、穏やかさを感じたり、何か宇宙の空間に心地よく浮かんでいるような感覚を覚えました。以前は「考える」ことにエネルギーを使っていましたが、セドナメソッドを知ってからは「まず認めて手放す」ことが出来るようになり、エネルギーを効率的に使えるようになったことを実感しています。車の運転に例えると、エンジンの空ぶかし状態から省燃費運転になった、そんな変化を感じています。

そして一番の収穫は、感情の奴隷ではなく、主でいられるようになったことです。どんな感情もあっていいんだということを知ったことでその感情を認め易くなり、解放へと繋がったのだと思います。そして解放することで、出来事や状況に振り回されない自分へと自然に変化していきました。人々や状況をありのままを受け入れる能力も明らかにに高まりつつあります。解放をすることで、より高い視点から物事を観ることができるようになりました。そして感性が高まり、日常生活をより深く味わえるようにもなっています。

セドナメソッドを受けた恩恵は、沢山あって書ききれない程です。各回のセッションを終え電話の受話器を置いた瞬間は、いつも喜びで満たされていました。

安藤さんは常にニュートラルな立場を保ち、全てを受容する姿勢で接してくださいました。そのお陰で安心してセッションを受けることが出来ました。ありがとうございました。

≪応用編≫

基本編に続き、すぐ応用編を受講しました。応用編はとても深いと感じました。セドナメソッド自体もそして補足資料もとてもシンプルなのに、人生のあらゆる出来事に対応できるだろうと思いました。

健康、豊さ、人間関係のいずれにしても、自分のそれまでの思考の枠のようなものが外され、自分自身が大きく広がっていくような感覚を覚えました。特に基本4でも行った「対人関係についての一掃手順」は、自分自身の在り方を自然に気づかせてくれる素晴らしい問いかけで、責任を自然にあるべきところへ納めてくれる、まるで魔法のような方法だと思いました。これを使った時は、いつでも一瞬で霧が晴れるような清々しさを感じています。

応用編を受けたことで、沢山の収穫がありました。中でも過去と未来から解放され、「今この瞬間」を生きる幸福感を実感できたことが一番嬉しかったことです。長年の重荷から解放されたという感覚がありました。そして、幸せであるためには何もする必要がないということを知ったことも大きな収穫でした。

今ではネガティブと思える出来事に直面したとしても、「解放のチャンス」と思えるようになっています。このことは、自分にとって大きな変化の一つです。

セッションを終えた今、様々な場面で自分で解放し続けることに慣れつつあります。そのような過程を通して自分はOKであるという感覚が増え、他人や外の状況を変えようとすることも減り、より自由になれて来ています。以前は物事を決断する際に慎重に考える傾向がありましたが、利点/不都合を解放することでより直感に従って楽に行動できるようにもなりました。

セドナメソッドを受講した恩恵は図り知れません。視野が広くなり、行動選択の可能性も広がりました。受講する以前とはまるで違うステージを生きているようです。

これからも解放を続け、この素晴らしいメソッドと共に歩んで行こうと思っています。

Iさん 男性 基本編と応用編を電話で受講 2008.12.16掲載

セドナメソッドは僕の中でとても良いトレーニング法という位置づけです。
自分の在り方を深め強化してくれる感じがします。

自分としては、ソースに加えてセドナメソッドを習った事で、
一つ到達したなという感があります。
いずれアメリカにもセミナーを受けに行きたいなーなんて思っています。

個人的に今年は(実質ここ半年で)劇的な進歩を遂げられた年になったという印象です。
これも多分「流れ」が加速してきていることの表れだと思います。
だんだんとおもしろくなってきている、そんな気がします。

来年のセッションも楽しみにしています。

H さん 女性 基本編と応用編を電話で受講 2007.7.10掲載

《基本編を受けて》
このセッションを受けて、自分の心の動きをよく見つめるということができるようになってきたと感じます。 そのまま感じていることを認め、手放していくという実にシンプルな流れです。

その時々の多くのとらわれている感情や思い込みや抵抗感なども、セドナメソッドではマイペースで 丁寧に自分を見つめ手放していく事ができました。丁寧にというのは安藤さんのセッションに対する 姿勢によるところが大きいのかもしれませんね。シンプルなところも活用しやすく気に入っています。
私が感じるセドナメソッドの魅力は、「実際に実感しながら・・感じながら・・気づいていける」ところです。 私にとっては単なるスキルの習得ではなく体感できる喜びがありました。セッションと日々の生活の中で、 本や人から聞いただけでは実感できなかったことを自らの体験によって実感する事ができたのは、 大きな収穫の一つです。努力する事なく淡々と続ける事のできたのもそこがあったからかもしれません。 気づけば捉われていた感情や思い込みや執着から徐々に解放されているということが多くあり、 少しずつですが何だか軽やかになっていきました。

一番役立ったのは感情や言動の根底にある欲求を見つめることができるようになり、 それを満たそうとするために繰り返してきた自分のパターンを手放せるようになったということです。

自分の根底にある欲求というのはそれまであまり気づいていなかっただけに最初は驚きの連続でした。 それを満たそうとやっきになってきたこと、同じような場面で悲しみや怒りなどを感じてきたことの根底にある
欲求が満たされない事によるものだったと気づきました。「気づく」ということは不思議なもので、 それ自体が自分のとらわれていたことを解放し癒やしていくのではないかと感じられるようになりました。

不必要なところに多くの意識を向けエネルギーを注ぐという事が減ってきたということは、 本当にやっていきたいことや大事にしたものに意識とエネルギーを向けることができるという 可能性が大きくなってきたということであり、ありがたいことですね。

《応用編を受けて》
セドナメソッド応用編を受ける事にしたのは人生の中で問題と感じやすい経済・人間関係・健康について より深く解放していくものだとお聞きしたからです。基本編のセッションで私が解放していった内容も この三つにあてはまることがほとんどだった、ということもあり、より深く解放していきたいと思いました。

顕在意識は「こうしたい」「こうなりたい」と思っていても、なかなかそちらへ向かわないものもあります。 深いところにある恐れや、過去の体験や、両親からの影響などがブレーキになっていることがあるのだ、 ということを知り、気がついたものから順に解放していく事ができました。

基本編で習ったメソッドを、どのように応用して使えるかのバリエーションも多く、自分にあったものや 状況にあったものが選択しやすくなりました。

基本編と同様に、セッションの度に驚くほど深い気づきがありました。 「分離していた自分の意識が統合されていくように感じる」 「自分が頑なにこうだと思い込んでいたものがそれほど深刻なことではない」などなど、 頭でなく深いところで実感できることが多くあり、応用編でさらに手放し上手になれたと感じています。

いろんな感情と欲求があるのが人間です。ただ、それに必要以上にとらわれ続けないために、 このメソッドは大いに活用していけると感じています。今後もより自由で、ゆるがない、 そして軽やかな私へとシフトできるようこのセドナメソッドを使っていこうと思います。

大石宗生さん 基本編と応用編を電話で受講 2007.11.27掲載
ソース・ベーシックワークショップを安藤さんより受講し、
「自分もソーストレーナーになりたい」と養成講座を受講。
「ワクワク人生」を実現させようと歩き始めました。

最初のうちはワクワクを進めるに従って
人間関係は広がり、さまざまな出会いがあって
楽しくてしょうがありませんでした。

ところが、あるとき壁がやってきました。
金銭的な恐れの意識が立ちはだかってきたのです。
仕事を辞め、自営でやろうとしていましたが
なかなか金銭面だけがうまくいかないのです。
行き詰まってしまいました。

そんなとき、ちょうどトレーナー同士のシェア会が軽井沢でありました。
そのとき、自分のぶつかった問題について安藤さんに質問すると
安藤さんは「そんなときのためにセドナメソッドをやっています」
と言われました。

それまでとくにセドナメソッドを受講する気持ちはなかったのですが
自分のお金に対するEQ面では本田健のセミナーでも
問題があることを認識していましたので、
突破口を開きたい一念でセドナメソッドを受講しようと決意しました。

最初受けたときは、正直「こんなことで?」と思いました。
それほどシンプルで簡単。「コロンブスの卵」のようです。
いままで心理学カウンセリングや数々のセミナーを受講し、
自分なりに自己啓発、自己理解はしてきたつもりでしたので
この程度のことで効果があるのかと最初は不思議な気持ちでした。

ところが、基本編の受講が進むうちに、
自分自身の気付かないところで眠っていた
多くの感情的な「しこり」のようなものが
安藤さんのセッションを受けているときに蘇ってきたり
忘れていたような記憶が不思議に出てくるのです。

そのたびに「これは深いところの重要な感情かもしれませんね」
と安藤さんが、丁寧に解放を進めてくださいました。

ときどき、暗澹たる思いに落ち込むほど、
自分の中にこれほどの我や執着に属する
無意識的なブレーキがあることを知りました。

そしてセッションや、自分自身でセドナメソッドの手法を使い、
感情解放を行うことでどんどんリラックスし、
余計な力みや空回り、劣等感、嫉みや失望感、消耗、罪悪感といったものが
現れては解放されていきました。

もちろん、その瞬間にそうとわかることよりも
セッションとセッションの合間にわかることが多く、
現実の生活の中で、自分の内的変化と呼応するように
前向きな変化が生じました。

自分自身これほどの変化がありうるとは思っていませんでした。

今では、ソースを中心に生きる上で、
セドナメソッドによる感情解放は不可欠ではないかと感じます。

気球がふわりと浮き上がるように自然に動き出そうとするソースの変化を
しばしば押しとどめ、押さえ込もうとする重りのような
無意識の恐れの感情があります。

それを意識的に手放すことで、無理な力を加えることなく
現実を変える行動が自然に行える。
Be Do Haveの変容が自然な流れで生じる。

それほど我々はかくも不自然な感情を
たくさん背負って生きているのだと知りました。

高くそびえていた壁はいつの間にか消え、再び川が流れ始めました。

安藤さんのセッションはいつも穏やかでクールです。
ときに、無意識が避けようとするかのように約束の時間を忘れてしまっても
一度も注意されることもなく、淡々と、
しかし寄り添うように行っていただきました。

電話でのセッションはいいものです。
対面だと文字通り、向かい合う姿になりますが
電話だとまるで同じ方向を向いて座っているかのようです。

安藤さんはけっしてクライアントを制御したり
期待を押し付けたりしないよう細心の注意を払いつつ
そんなことすら感じさせないほど自然に解放を進めてくださいます。
安心して感情を開くことのできるセッションでした。

壁が来るたびにセッションをお願いし、貴重なサポートをいただいたことに
心より感謝申し上げます。

K さん 女性 <基本1,2,3,4>を電話で受講 2007.3.27掲載

昨年10月〜12月に基本1〜4を続けて受講させていただいたKです。
無理なく自然に、でも確実に解放されている感覚がすぐに体験できるので
受講期間後も実践を継続することができました。

あれから、人間関係がどうして苦手だったのか、劣等感があったのか、分かってきました。
セドナメソッドをやると、自分の気持ちに注目することで、今まで無意識に押し殺してきた
感情を少しづつ尊重できるようになってきたんです。

そうすると、自分の事を大切に出来ている実感が持て、少しづつですが、
自分の感情に振り回されないようになりつつあります。
客観的に感情と折り合いをつけられる場面も増えてきました。

また、本当の自分の夢も発見することが出来ました。
お金が欲しいとか、結婚したいというのもそうなんですが、
もっと深いところで望んで いることが分かりました。

4月から新たな勉強を始めることにしました。
始めると色々と感情が沢山浮き上がって来ていて、今、基本3で習った
目標にまつわる感情を手放したり、色々と活用させていただいて、本当に助かっています。

いちさる3939 さん 女性 <基本1,2>を電話,<基本3>を対面で受講  2006.7.31更新

ブログ 「WITH A SMILE〜にっこり笑って!〜」で体験記を書いてくださいました。
 電話セッション1回目の感想  基本1終了時の感想  基本1終了後の気づき  基本3終了後の感想

Mさん 男性 <基本1,2>を電話で受講  2005.11.10掲載

セドナメソッド「基本1」を受講しました。
八ヶ岳まで行きたかったのですが、日程的に都合がつかなかったので電話で受講しました。
本当に電話で大丈夫なのか、半信半疑なところはありましたが…安藤さんに相談したところ
「電話と対面で、効果は変わらない」ということだったのでやってみました。

結果からいうと、すごくよかったです。
ワクワクとか思ったことを行動に移すのに、エネルギーが少なくてすむようになります。

今まで願望達成帳とかにTo do リストを書いて、自分にアファメーションして 月間行動計画とか週間行動計画とか書いて無理矢理自分のエネルギーを高めていた自分がアホらしいと思うくらい、 行動がスムーズにできるようになります。 まだ「基本1」だけですが、それでもかなりの効果が出ています。


その翌年5月に<基本2>を電話で受講  2006.5.26掲載

セドナメソッドの基本2を受講しました。

4月から、私自身が今までつとめた職場を退職して、独立する という経験をする中で、今までにないプレッシャーをかかえて かなり精神的にまいっていました。

これまで学んできた色々なヒーリングのテクニックを使ってい るのですが、一時は改善するものの、なかなか不安感情が抜け きらず、一進一退しているうちに、いつのまにかパワーダウン している自分に気がつきました。

そんな中、ふと以前受講した「セドナメソッド(基本1)」の ことが思い浮かび、安藤さんに相談したところ、「基本2 」以降の受講を勧められました。

で、実際に「基本2」をやってみたところ、まさに現在の自分 にピッタリの内容でした。 基本2は、基本1より「深いレベル」で感情を扱います。

セッションを受けていくうちに、今まで漠然として感じていた 「不安感情」の正体があきらかになってきて、 心の底で絡み合っていた「感情の糸」が一本一本解きほぐ れ、どんどんスッキリしていく感じがしました。

これまでは、平日の昼間に家族と遊んでいても、どこか「罪悪 感」というか、「こんなことをしていていいのだろうか」とい うプレッシャーのようなものを感じて、今の状態を楽しみ切れ ていなかったと思います。

「基本2」を受講してからは、子供と木の実を拾っていても、 サクランボを採っていても、絵を描いても... それが今の自分の楽しみだとリラックスして味わうことができ てます。

私は、セッションを「電話」で受講したのですが 、電話での受講は、1段階を3回のセッションに分けて、日に ちをあけて受講することができます。 ですので、セッションで教えて頂いた内容を生活の中で実践し て、効果を確認してから次に進めるのでとても良かったです。


PAMINAさん 女性 <基本1,2,3,4>を小淵沢・対面で受講  2007.8.15掲載

一時帰国中の今回、今後自分で必要な時にセドナメソッドを使えるようになることを目的に受講しましたが 受講中から手放せたものが沢山あったり、今まで決断できなかったことが違う視点から判断できたり 「今、この瞬間を100%味わう」感覚が垣間見られたりと、嬉しい「副産物」も色々とありました。

帰宅してからも、何か出てきた時に使ってみるようにしています。効果が続いているようです。 起こったことに身体が反応して固くなったりした時に意識しやすくなったり、 感情は湧いてくるけれど必要以上に反応しないでいられたり、といった微妙な変化が感じられます。

「このイヤな感情を早くなんとかしなくちゃ」とか、逆に 「こんな状況なんだからイヤな気持ちになって当然!」という今までの反応とは一味違って 「チカラを抜いてみる」という感覚で対応できるのが嬉しいです。

また、気持ちいい状態や幸せな気持ちの時の感覚に曇りがなく、 今までの何倍も「鮮やか」な感じだったりもします。 急に「やりたいな」とひらめくこともいくつかあるので、これが本当の直感の声なのかな、 という気がして、なるべく従うようにしています。

これまでの私は、本当に他の色々なことにふり回されて、それに疲れてしまって、 本来の「ワクワク」につながることを自然にやろうとするエネルギーさえ失っていたようです。 この感覚を、今後の仕事や活動、それに子育てにも生かしていけたらいいなあ、と夢が広がります。

いつものことながら、自然な形で、でもすごい集中力を持って真摯に接して下さり、 絶妙な形でガイドして下さる安藤さんのファシリテートは、大変良かったです。
本当にありがとうございました。

ブログ「海の向こうから」にも  解放後の気づきを書いてくださいました。


Nさん 男性 <基本1,2>を小淵沢・対面で受講  2007.6.4掲載

受講後、自分のエネルギーの総とっかえのような一週間になりました。

それまでは感情にひたっていたり、振り回されていることが、心地よかった。 だから、それを選んでいたんだと思います。それが自分の現実を作っていました。 その自分でいれば、小さくいられる。自分の安全な範囲でいられる。そんなエゴの自分です。 自分がビビらずにセドナメソッドを使い続ければ、確実に次のステップに進んでしまうと思います。

今朝も散歩をしながら欲求を手放し続けました。 すると最後には自分が何を選択するかしか残ってませんでした。自分がどうしたいかしか残りません。
もちろん感情に任せた選択との違いも明確に理解しました。 すると自分はどこから選択するのかということが重要になってきます。 自分の価値基準や判断から選択するとしたら、自分の正邪善悪に縛られます。 それに、そもそもそのような狭い範疇の正邪善悪などないはず。

自分の価値基準や判断を柔軟にしていくこと。 あるいは宇宙の意図に近い自分として生きて選択することが、さらに大きな違いを生むことになりそうです。 セドナは突き詰めると、そのような『在り方』がテーマになっちゃいますね。 宇宙の意図は喜びや感謝、祝福・・・そこから出てくる感情が勇気・受容・平和。 ということは、在り方をアレコレ考える必要はなくなりますね。

そもそもマイナスの感情を手放せばプラスの感情だけが残るということは そのプラスの感情を起こす在り方に自動的になっているということですからね。

復習セッション後のご報告 2007.8.17掲載
セドナのおかげで久しぶりに来ました。 自分が空っぽになると、まわりの状況が自分の中に流れ込んできて、意識が拡がる感覚が。

自分の事に一生懸命こだわっていると何も見えていない。 無垢になってはじめて、まわりに気づいたり、新しいものを創り出す空間が出来ている感じです。

今、体の側面からも『何もしない』ことを学んでいますが、セドナは『何もしない』ことの心版ですね。 本当に何もしなければ、どんどんすべきことにむかう感じです。


パウダースキーさん 男性 <基本1,2,3,4>を対面で受講 2007.4.27掲載

ブログ「自分の生き方をコントロール」対面セッション体験記を書いて下さいました。

まんぷくまんちゃん さん 男性 <基本1,2,3,4>を対面,<復習>を電話で受講 2006.10.16掲載

ブログ「偏愛心理学 いつもこころに森と太陽を」
2005年5月・基本編と2006年10月・復習セッションの気づき を書いてくださいました。


Sさん  <基本1>を神戸・対面で受講  2006.2.13掲載

12月にセドナメソッド基本1を受講しました。
受講したきっかけは、いやな感情が生じたときに、なかなか気持ちが切り替えられないことが多かったので 感情を扱うセドナメソッドに興味を持ちました。

受講した感想は、「シンプル」。しかも、効果てきめん、びっくりしました。 受講後1週間ぐらいは意識して使っていましたが、今では意識して使用していなくても いやな感情が出てきたときに自然と質問がでてきて、気持ちを切り替えやすくなったような気がします。

このセドナメソッドによって、時間とエネルギーを、マイナスのほうではなくプラスのほうに 使えるようになるのではと思います。

2月と4月に<基本2、3>を神戸・対面で受講  2006.7.10掲載

基本3では目標について扱いました。目標というと、かなり重い感じがしますが、 その感情自体をセドナメソッドで解放 するということにまず驚きました。 実際やってみて、その重いイメージが軽やかになった気がします。

実際に、具体的な目標やその行動についての感情についてもセドナメソッドで解放したことにより 「できるかどうか不安」な目標や行動についてモチベーションが上がった気がします。

また、実際に自分がワクワクするかをチェックできる手法でもあるような気がしま す。 ソースの車輪で書いた行動計画でやるとすごいいいと思います。

よくビジネス本では目標を持とう、とかありますが、なかなか行動に移せない方もいるかと思いますが セドナメソッドがその解決策の一つになるのでは、と思います。

基本1〜3を受講し、徐々に実生活の中にセドナメソッドを取り入れることができるようになり あらゆる場面で感情を解放でき、マイナスなことを考えることが少なくなってきたような気がします。 ソースとセドナで生き生きと過ごしています。

松原和枝さん  <基本1,2,3,4>を小淵沢・対面で受講  2006.1.6掲載

松原さんのブログで、小淵沢での受講と、その後1ヶ月間の変化について紹介してくださいました。

momo_comfortさん  女性 <基本1,2>を神戸・対面で受講  2005.11.25掲載

セドナを受講後、一週間経ちましたが、受ける前と比べ 日々の感情がずいぶん穏やかになったと思います。 また、自分について、どんどん理解が深くなり、日々新たな発見がある感じです。 朝目覚めた時や、通勤電車の中、就寝前などに行なっています。

momo_comfortさんのブログで、受講直後の感想を紹介されています

Tさん <基本1,2>を小淵沢・対面にて受講 2005.10.27掲載

今日、安藤さんのもとでセドナメソッドを受講してきました。
実は、その効果に、とても驚いています。
あまりにシンプルで、自分でも簡単にでき、その上、効果性抜群です。

思考は現実化する と言われ、
ネガティブな感情をなるべく少なくし、ポジティブな考えを日々習慣化することで
現実世界も変わっていくと言われます。

実際その通りだと思いますが、何かのきっかけで、恐れや不安、あせりなどから
抜け出せなくなってしまうこともよくあります。
例えば、ポジティブに物事を考えようと転換する前に、次のストレス要因が
来てしまい、対応する間もなく、次のストレス要因が来て、、、
それが、雪崩のごとく、思考を縛っていくとき、、。

ポジティブシンキングは良いのはわかっているけど、どうしてもできない状態。
そんなときに、セドナメソッドを受講しました。
自分が今、どんな感情を感じているかを認めて、それを手放していく。
この手法が実にシンプル!

ひとつの感情を手放すのに、2分〜5分くらいでしょうか。
しかも、安藤さんに教えていただけば、自分自身でも簡単にできます。

今、仕事で抱えていた不安やあせり、それは何だったんだろう、 と感じる自分がいます。

ソースとの相性も抜群です。ぜひ受講されることをオススメします。
願望達成の秘訣はエネルギーを込めすぎないこと
とよく言われますが、その意味がすごくよく理解できました。
(エネルギーをこめすぎて、私は何度も失敗しています。)

セドナメソッドは、とってもシンプルですが、非常に奥が深く、哲学的要素も感じます。
セドナメソッドを学んだ今では、どんな感情が生じても絶対に対応できる
という自信がつきました。これは、とても大きな安心感につながります。

《受講後2日目》

ワクワクを徹底的に追求しながら、セドナメソッドで感情をプラスなものにシフトしていく
作業を繰り返していきました。

早速、現実が変わり始めました。
仕事の負荷が少しずつ減っていきました。
そして、セドナメソッドで、自分の苦手としていた感情を手放していき、
昔のソース的生き方が戻ってきました。(^0^)

ワクワクを追求していくことの素晴らしさを改めて感じている次第です。
これから、どんな良い事が起こってくるのかな、、、。
そんな楽しみが見出されていきました。

この感情、少し手放したいな、そんなときはセドナメソッドで
ワクワクをもっと体感していきたい、そんなときはソース
両者の車輪が回ってきていると楽しくなっていきます。


Tさん 女性 30代  <基本1,2>を神戸・対面にて受講   2005.3.17掲載更新

とてもシンプルな方法なのですが、不思議と胸の中の怒りというか、わさわさする感じが、だんだんと軽く楽になってゆき、気づきもあって驚きと喜びの体験となりました。

「今、感じている気持ちを手放せますか?」と質問され、正直に「いいえ」と答えたら、少しほっとする感じがして、何度も「いいえ」と答えているうちに、少しずつ気持ちが軽くなり、もう手放してもいいかな、と思えるようになってきたのです。手放したときにも楽になるのですが、「いいえ」と言い続けているうちに、心が楽になっていくことは印象的でした。 さらに怒りの感情を深いところまで感じていくと、だんだん悲しくなってきて涙が出てきました。私がいやだと思っている人のことを悪く思う自分を嫌い、自分を責めているのかもしれないと思いました。そしてそれを手放すと、また少し楽になれた気がしました。

ある人について、「その人のことを理解したいと思いますか?」と聞かれ、したいと思うと答えていたら、本当は自分のことを理解してほしい、わかってほしいと思っているんだということに、ハッと気がつきました。 セッションが終わった後は、心が軽くなっていたことと、簡単な質問に答えていただけなのに、心の深いところが癒された感じで、うれしくなりました。

その後の変化としては、これまでは嫌だと思っている人のことを度々思い出していましたが、出てくる頻度が減ったようです。そして、嫌な気分になったり落ち込んだ時にも、その気持ちを感じて手放すというセドナメソッドを活用しています。これからもこの方法で感情をうまく手放せるようになっていくことで、少しずつ楽に生きていけるようになれる気がしています。

基本1から2ヶ月後に基本2を受けました。基本1もよかったのですが、基本2はさらに深いところまで感じて手放せるパワフルなものだと思いました。日ごろ感じている様々な感情の奥にある欲求に気づき、それを手放していくというもので、とても興味深かったです。方法自体は基本1と同様にシンプルですが、より深いレベルの解放が起こっていると感じます。

基本2を受けてからの変化ですが、気持ちが穏やかになり、人に対してあまり腹が立たなくなってきたような気がしています。両親に対する気持ちも少し変わったようです。これまでは、父とはなるべく会いたくないとか、会うとしても構えてしまう感じだったのに、セッション後1週間ほどたったある日は気軽に会うことができました。母に対しても、これまでは腹が立ったり「それではだめでしょう」と思うことが多々あったのですが、少しずつでも話していこう、母の変化もゆっくり待っていこうと思えるようになりました。あきらめて突き放すのではなく、批判や攻撃をするのでもないという感じです。セッションのときに両親に対する気持ちを扱ったわけではないので不思議な気もしますが、奥底にあった感情を手放すということをしたおかげでこのような変化が起きてきたのかもしれないと思います。

セドナメソッドでは、今この瞬間に焦点を当て、過去にとらわれずに今を白紙の状態としてとらえるのですが、このことも私にとっては大きな気づきをもたらしてくれました。恋愛やパートナーについて、過去にこういう人とは合わなかったとか、こういうことでうまくいかなかったという記憶にとらわれ、将来について良いイメージが持ちにくかったのですが、とりあえず過去の出来事や過去の自分についての気持ちをいったん手放して白紙にしてみようと思いやってみたら、とてもすがすがしい気分になり、恋愛もできそうだ、パートナーも現れそうだ、と思えるようになってきました。

このように、セドナメソッドを習得したことで変化を実感でき、これから生きていく上でも、この方法を使っていけば大丈夫という安心感が持てて、うれしく思っています。

Kさん 男性 30代  <基本1,2,3,4>を小淵沢・対面にて受講  2005.2.25掲載

セドナメソッドは、恐れや嫌な感じを感じ、手放すというシンプルな方法で感情の解放を促進する。特に過去の感情を再現することもなく、今、そのことに対して感じることを感じることから始まる。感じることについては比較的容易にすることができた。

しかし、「では、今の感情を手放せますか?」という問いに対して、「はい」ということはなかなかできない。「いいえ」と答えると再び、「今、どんな感じですか?」という問いを受け「重い感じ」と答える。すると「では、その感じを手放せますか?」と問われ、「いいえ」と答える。このようなプロセスが続いていく。手放すことができてもできなくても改善はされていることや、手放せなければ「いいえ」と答え続けていいという説明があらかじめされているにも関わらず、「安藤さんに悪いなあ」「手放さないと改善されないのではないか」という思いが湧いてくる。何度も安藤さんに確認しつつこのあたりのことを納得するまで時間がかかった。そこで効果的だったのが「では一瞬もしくは試しに手放せますか」という問いかけだった。試しにだったらいいかなあと思い、そのようにしてみると気持ちが少し軽くなってきた。ただ、そこで今度は完全にすっきりした感じになりたいという思いが湧いてくる。そうするとその感じにとらわれてなかなか変化がしない。

しかし、セッションとレクチャーが進むにつれて、そのような感じ方の元となる欲求に気づく。つまり、完全にすっきりしたい、自分を変えたいといった変えたい欲求にとらわれていたことに気がついた。そこで、今度はこの欲求を手放すということをしはじめると、思った以上に手放す、手放さないといったことにこだわることがなくなっていき、自然な形でセッションを終え気分は軽くなっていた。

このようなプロセスを何度も繰り返すことで、自分でこのプロセスをする方法が身についてくる。それによって日常生活で何か気になることがあればこのメソッドを活用するようにしている。 では、次に、実際、セッションの後、日常生活で私が体験をした事例について紹介する。

<事例>
あるグループの中で特定の人となかなか話をすることができなかった。なぜなら、その人から何となく承認をされていないと思っていたからだ。このため、こちらから話をすることはなかったのであるが、このメソッドを使い、承認の欲求を試しに手放すプロセスをしてみた。そうしていくと、あまりこだわりを持たずに相手と話をすることができるようになった。もちろん、完全にすっきりして話をすることができた訳ではないが、その未完了な感じにいらつくのではなく、その感じもあってもいいと思えるようになった。

<セドナメソッドをこれから学ぶ方へのメッセージ:私なりのポイント>

・手放なせないからといってあせらない。手放せなくとも手放せないといった後の感じを感じること。早く変えたい、完全にすっきりしたいという欲求に気づくといい。

・「試しに手放してみますか」という問いかけは手放しやすい。

・手放すことで人間に必要な欲求を手放すということではない。感情は井戸から湧いてくる水のごとく握らずに緩めておけば、自然と流れていくし、再びまた違う感情が湧いてくる。古い水をいつまでも手のひらにおいておくことはない。(この考え方は、はじめは分かりにくいが次第に体感できるようになると思う)

・セッションのすべてのプロセスを一度にしないと効果がないのではないかとあせることはない。数回にわけてもOK。

Hさん 女性 30代 <基本1,2,3,4>を小淵沢・対面にて受講 2005.3.23掲載

セドナ・メソッドのセッションありがとうございました。 安藤さんのセッションは、とても気持ちが安らぐので大好きです。 受講者の特徴や状態をきちんと見極めながら、さりげなく穏やかに 誘導して下さるので、プレッシャーを感じず自然に自分と向き合えました。 深いところで自分と対面できたときの感覚がとても新鮮でした。
セッションを受けて感じたこと、その後の心境など、以下、ご報告いたします。

●セッション中の気づき
1.感情というものに対する考えが変わりました。 これまで、読み聞きしてきたポジティブ・シンキングや アファーメーションによって自分の願望に近づく方法は、 「ネガティブな感情=自分を願望から遠ざけるもの」 ととらえてしまいがち。よって、ネガティブな感情が起こった 場合の対処は「見ないようにする」または「抑える」でした。 セドナ・メソッドを受けて、感情には善悪はない、ということが わかり、自分にとって好ましくない感情がやってきたら、それを 「単に心地よくないから手放す」という形で対処すればいい、 というシンプルなことに気づけました。

2.「認める」「手放す」という言葉に対する考えが変わりました。 感情に善悪がないことに気づけると、感情を「認める」ことが できるようになってきました。これまでは「こんな感情を持って しまう自分がイヤ」という思いが働いて、その感情を認める ことができなかったのです。また、「手放す」=「失う」のではなく、 「より楽になる、より軽やかな気持ちになる」ということが 実感として分かりました。ネガティブな感情だけでなく、いい気持ちをも、 手放すことでより自由な心の状態が得られることが実感できたのは驚きでした。

●セッション後の変化
1.些細なことに動揺したり、いらいらしたりしなくなりました。 まだ、セッションを受けて2日目なので重いテーマの出来事や、 人との対話の中で起きる感情の波を上手に処理することは できていません。どうしても、感情を処理するより早く次々と その感情の波が押し寄せてきて、結局言い争いをしたり、 怒ったりしてしまうこともあります。でも、その波が去った後、 「後悔」「もやもやした感じ」「怒りのかけら」などを「手放す」 ことで、これまでより少し早めに、落ち着いた状態に戻れる ようです。そして、相手が自分に対して不快な態度をとることに 対する怒りが、「傷つけられた」という思いから「私に対して そういう態度をとってしまう理由を抱えている相手の状況、 悲しさ、苦しみ」に思いが向くようになりました。

2.人に対して自然に明るく、前向きに接することができます。 簡単な挨拶を交わしたり、電車の中でぶつかって謝ったり、 といった行為を、「やらなくちゃ」「いい人になるために」 という力みを感じることなく、自然に笑顔でできるように なりつつあります。自分でもびっくり。

3.他人から、優しく接してもらえる機会が増えたような気が・・・ 電車の中で会う人、タクシーの運転手、レストランの店員など 偶然会う人の態度がとても親切で優しく感じます。

4.深いところでの安心感 セッション中に、自分の中に「穏やかで平和でゆらぎのない自分」が あることを(頭でなく、実感として)体験しているので、「ここに戻れば 大丈夫」という安心感があるような感じです。そして、自分にその 状態があることを確認できたことで、他の人も、本来は皆平和で 穏やかな状態を持っているのだ、と感じることができます。 そうでない状態の人は、その人がいけないのではなく、そうさせて しまう要因があって、それとうまく対処できずに苦しんでいるのだ、 と(自分が落ち着いている時は!)思うことができます。 たまに、感情が激するとこのことを忘れるのですが(笑)


セッション後、連休を利用して旅行を楽しんできましたが、 些細なことを気にすることが減った分、思う存分「今」を 楽しむことができる旅行となりました。美しい風景や 穏やかな天気、新鮮な街並みの光景など、そのとき 目にするもの、感じることを堪能できて本当にリフレッシュ できました。ともすると歩きながら「ご飯を食べるところが 混んでいたらいやだな」とか「列車に間に合うかな」なんて 考えていたこれまでの旅行が嘘のようです。

今後は、「十分に手放せなかった」時に後悔するのではなく、 その後悔をも手放しながら、少しでも軽くなった自分の気持ちに 目を向け、「日常的な解放」と「深いところでの解放」を 上手に組み合わせていきたいです。これからの人生が、 とっても楽しみになってきました!

受講から1年後のご報告

私がソースを受講した頃、夫はソースに対して少々否定的な感情を持っていました。ですので、私はソースの仲間と会ったり、勉強会に行ったりするとき少々気兼ねしてしまうところがありました。ですが、ここ数ヶ月の間に、夫がなんとソースの本を読みたいと言い出し、挙句に読んだ後、「すごくいい考え方だね。今すぐにとはいえないけれど僕もいずれ受講しようかな」と言うのです。これにはこちらがびっくり!でも、とっても嬉しかったのです。

ソースを受講してから、私がだんだんいい方向に変わっていることを夫は感じ取っていたようです。そして、私自身も、セドナメソッドで少しずつ夫に対する苛立ちとか、夫をコントロールしたい思いを手ばなしていったこともよかったのだと思います。身近な人の反対は、最初はつらいものですが、それでも自分を信頼して歩みを止めなければ、ワクワクは人に伝わるのだな、と実感できました。最近は夫をかなり「ありのまま」で受け入れることができています。そのおかげで夫婦仲は以前にも増してよくなり、かなりラブラブです(笑)。

ソースとセドナメソッドの相乗効果は本当に素敵♪
これからの人生がどんな風に展開していくのか、流れに任せて楽しんでみようと思っています。
応用編の体験記 2007年12月受講

応用編でとても不思議に感じたのは、セッションを受ける前は、
「経済面や健康面など、具体的なテーマがあるから、各テーマに
関する問題点をどんどん解放するぞ」というような、少々気合の
入った気持ちだったのに、解放が起こったあとの状態というのは、
具体的なテーマそのものとは関係のない、もっと自分の奥深い部分
の「あり方」が変化した、という感覚を持てていることでした。

いつも、深い解放が起こるたびに感じることではあるので
すが、今回はあまりに自分で具体的なテーマを意識していたために、
そのことを顕著に感じさせられました。

人間は、さまざまなモノや事象に感情を勝手に(?!)くっつけて
しまっているだけで、求めている心の平安や軽やかさは、生きる上
での心のありようをシンプルに、自然な状態で保つことだけで得ら
れるのだということ、そしてその「自然で軽やかな心の状態」は、
何かを変えたり、頑張って掴みに行かずとも、最初から自分の中に
きちんとあるのだということを、改めて認識することができました。

また、解放を行っている最中に、人が自分らしい幸せを感じながら
豊かに生きることは、世界全体の望みなのだという実感が得られた
ことはとても新鮮な経験で、感動的であると同時に勇気を与えても
くれました。解放をするたびに新たな体験を味わえて、そのことで
人生の流れや人間の存在そのものに対する信頼感や希望が大きくな
っていくのは、とても幸せなことですね。

そうそう、昨日「ダイエットしなくちゃ」「痩せなくちゃ」という
思いを少し解放できたせいか、今朝は体重がここ数ヶ月で一番減っ
ており(!)調子が悪いとパンパンに感じるパンツがすっきりはけ
たのは驚きでした。何が功を奏したのかはナゾですが、せっかくで
すからセドナ効果、ということにして素直に喜ぶことにしています。
電話フォローセッション受講とセドナメソッド体験会参加後 2013.8.19掲載

とても不思議なのですが、以前は「○○がしたい!」
という自分の欲求や気持ちに従って行動していたのを、
最近ふと、そのような欲求をいったんすべて手放して、「やってくる」
ものだけを静かに受け止めるようにしてみたらどうだろう?という
思いが頭をよぎりました。これまでの私のパターンとは違う行動なので、
当然反発する気持ちもあったのですが、嫌になったらまたもとに
戻ればいいや、くらいの気持ちでその思いに従ってみたところ、
これまでにないくらい人生の流れがスムーズになったような感じが
あり、また、その流れの中にいる時に感じる感覚が、今まで味わったこと
のないような(忘れているだけかもしれませんが・・・!)静かで、
でも深いところにあるエネルギーの源としっかりつながっている
ような、ちょっと不思議な感じなのです。

そして何より、周りの方に対して目が向き、すご〜く自己中だと思っていた
自分の中にも、こんなに周りの人のことを考え、感謝し、他の方の役に
立ちたいと思う心があったのだなぁと、嬉しいような
不思議なような発見をしています。

今しようとしていることが、この先どのように展開していくのか、
今は全く未知数ですが、「今の自分」にとって必要でふさわしいことを、
「今やっている」のだという実感を強く持てるのは嬉しいことです。

ソースに始まり、その後セドナメソッドを知って、自分が一番
自分らしく輝いていられるあり方を模索してきましたが(そして
これからもその旅は続くのでしょうが)、いま、何となく思っているのは、
人は本来、皆誰でも、とてつもなく大きくて深い愛やエネルギーを
持っていて、同時に、その愛が最もスムーズに、自然に溢れ出る
「フィールド」のようなものが与えられているのかもしれない、ということです。
(世の中ではそれを「才能」と呼ぶのかもしれません。)

もし、よく世に言う「天の意志に即したその人の道」のような
ものがあるのだとしたら、それは、"do"レベルで言うと、その人
それぞれの「フィールド」に身を置き、自分の中にある愛を、
ためらいも、気負いも、恐れも手放して、自然な形で素直に表現
していく、ということなのかもしれない、などと思っています。
「人の役に立ちたい」「愛情あふれる人になりたい」というのは、
おそらくほとんどの人が願うことでしょうが、それは、「○○しよう」
と思うことよりも、本来あるものが、本来の姿で自然に流れることで
自然な結果として出てくることなのだと、これまでにも増して実感
しています。

新しい発見と「これまでの自分」との間で葛藤もありますが、
このような、とても新鮮で、今までにない満たされた感覚を味わう
ことができているのも、ソース→セドナメソッドと、素晴らしいツール
の存在を伝えてくださった安藤さんのおかげと思っています。

たかださん 男性 30代  <基本1>を神戸・対面にて受講   2005.6.15掲載

画家・イラストレーター たかだじゅんいち さんのホームページ

セドナメソッドを受講した事は、私にとって、最も幸運な出来事の一つです。 私は、今までの経験や知識から、あらゆる物事を探究していく上で、 質の良いもの、より効果の高いものは、シンプルであるという法則に気づいていました。 そして、自己変革に関するセミナーについても よりシンプルで軽く、効果のあるものを探究してきました。

セッションが始まり、混乱 抵抗 頭痛 一人になりたい気持ちなどが消えていきました。 その中でも、思考「理解したい=理解したくないのに理解しなければならない」を手放した時に 頭痛が消えた事に、静かな感動をおぼえました。

初めは、あまりにシンプルなので、とまどいがありました。 しかし、実践を続けていくと、 自分の中に滞っていた多くのネガティブな気持ちが まるで、空に浮かぶ雲のように流れ去っていきました。 流れ去った後は、青空のように、すっきりと今ここにいる 私が存在しています。

セッション後もこの手法を気に入って 気軽に使っています。 シンプルなので、使いやすく、無理なく自然に、早く変化していく事ができます。

受講してまだ2週間しか経っていないのですが、 これほど効果の高いものだったのかと、
後で静かに驚く事が度々起きるようになりました。 以下はその一例です。

●まず、最も苦手で避け続けていた人と、短い時間ですが、 普通に話している事に、話し終わった後で、静かに驚く事がありました。

●周囲の望ましくない言動にあうと嫌な気分になりますが、数分で回復し、 自分自身にもどる事ができるようになりました。 自分を変えると周囲も変わると言う心理的原則がありますが、 変化が割と早く起きるので、 自分の感情を手放した後に周囲も変化していると言う事が頻繁に起きるようになり、 その変化にまた、静かに驚く事があります。

●両親に対して会話はするものの長い間、心を閉ざしていましたが、 心を開いて会話している事が増えてきました。 これも特にそうしようと努力したわけでもなく、自然に会話しているので、後で、静かに驚いています。

他にも恩恵は色々ありますが、セドナを実践し始めてから、 私自身でいられる事が増えた事が何よりの恩恵です。 とても深みのある日々を過ごす事ができるようになりました。私は、希望を感じています。

<基本2〜4、応用編>を神戸・対面にて受講   2006.6.27掲載

基本1受講から1年後のご報告
セドナメソッドを活用し始めて一年が経ちました。 セドナメソッドでの解放を深めていくにつれ、直感との繋がりが深まり、徐々に明確になってきました。 いつも直感の通りに、行動できると言うわけではないですが、少しづつではありますが、 直感に従い、行動を選択することもできるようになってきました。

これから自分の本質的なワクワクにつながる仕事を始めるにあたって、 今までのパターンを手放す必要性を感じ、両親との関係についての解放を行ってきました。 セドナメソッドを初受講した時から、両親との関係が良くなった経験はありましたが、 更に深く解放していくにつれ、両親に対して寛容になり、共に穏やかな関係になっていきました。

例えば、会話をする時、両親の話を受け入れ理解するということは、 子供の頃以来、あまりなかったことしたが、今は自然にできるようになりました。 家族で食事をしながら、くだらない事を言って笑いあうということも度々あります。 また、テレビをみながら、「あれは、こうだ。ああだ。」と友人のように話すという事もあり、 子供の頃のような楽しかった家族の団欒のひと時を取り戻している事を実感しました。

いつも望ましい状態にあるということは言う事はできませんが、 解放してきたあらゆる気持ちが小さくなってきたぶん、望ましい状態への回復は早くなってきました。 この時点で、両親との関係についての解放は、ひとまず完了しましたが、 特に、その事にフォーカスしなくてもメソッドを活用するたびに、両親との関係はよくなっていってます。


そして、最近、新たに、上級編「ホリスティック・リリーシング」※ を始めました。 私は、対人緊張が強く、特に集団を前にパニックになる傾向がありました。 この上級編の中の解放をしていた時、そのトラウマの原点になっている感情を手放す経験をしました。

その後、あるセミナーに遅刻して行ったのですが、会場に入ると講演者の前で登録手続きをしていました。 しかし、リラックスしている自分に気づき、セミナー中、講演者からコメントを求められる機会がありましたが、 少し不安を感じつつも、普通に答えている自分に気づきました。 その時は、本来の姿に戻った事にしみじみと静かに喜びを実感しました。

他にも成果は、色々ありますが、枚挙にいとまがありません。 これからも、真摯な気持ちで、セドナメソッドを使い続けていこうと思います。

※「ホリスティック・リリーシング」はセドナメソッドの習得を終えた人向けの上級編です。
英語版教材(Holictic Releasing Set) で習得できます。




andoo.infoトップ  セドナメソッドご案内ページ

このページに掲載している内容の転載はご遠慮ください
Copyright (c) Osamu Ando, 2004-2009, all rights reserved